Rub

 

トラッカーウォレットのヤレ加工。

見せてほしいという事でやってみました。

取り敢えずヤレ加工のシートの様にフタ部分を経年でひび割れたように割ってみましたが
「わざとらしい」「不自然」だったので。

そして何よりも実用的ではないのかなと。
確かにVINTAGEのトラッカーなんかはカッコよくヒビ割れているモノがありますが・・・

リアルなヤレ加工ではなく「こうなっていくとカッコ良いだろう」という体で
艶とか擦れとか傷とか色ムラとか・・

こうなるとヤレ加工ではなくプラモデルとかである
「ウェザリング」と呼んだ方が良いのかも。